TEL

超高圧ウォータージェット工法のウォーターリンク株式会社

WATER JET

ウォータージェット工法とは

ウォータージェット工法とは

塗膜除去、アスベスト除去など、 公共施設の維持管理に採用されている注目の工法。
塗膜除去、アスベスト除去など、 公共施設の維持管理に採用されている注目の工法。

ウォータジェット工法は、超高圧の「水」がコンクリート・塗装・鉄などを粉砕し、アイデア次第であらゆる用途に対応します。対象物や作業環境により作業進効率が大幅に変わる現場において、火花・粉塵などの害もなく安全な作業環境を提供いたします。

ウォータージェット
工法のメリット

  • 01

    振動が少ない

    ノズルから噴射された高圧水のエネルギーにより、コンクリートのセメントモルタル結合を破壊するメカニズムであることから、振動が非常に低く環境問題への対応も容易です。

  • 02

    構造物への影響が少ない

    対象物に与える変形、ひずみ、残留応力が少なく、マイクロクラックもほとんど発生しないため、構造物への影響が少ないという特徴があります。

  • 03

    部分的な除去が可能

    適切な圧力、流量を設定することにより、鉄筋を傷めずにコンクリートの変状部分だけを除去する選択的なコンクリート除去が可能です。

  • 04

    表面的な除去が可能

    圧力の調整によって、対象物の塗膜や付着物だけを除去することが可能です。

  • 05

    遠隔操作が容易

    対象物とノズルが接触しないため、機械の遠隔操作化が容易で、由な曲線・曲面の作業が可能でかつ均一な施行品質が得られます。

  • 06

    工事の安全性

    火気厳禁の現場にも安全に対応し危険を大幅に減らし、より良い作業環境が生まれます。一般的な現場でも火花・粉塵などの害もなく安全な作業環境を提供いたします。

ページ上部への矢印